ピックアップ記事
成長を信頼する。自分自身へも。縁ある人たちや家族へも。すべての縁あるひとへ。
NHJ

これは育児にも、部下にも、人間関係にも。広くまわりを信頼する、事に繋がりますね^^

 

私もなかなか出来ない事。

 

今日クライアントさんとの間でのやり取りでも出てきたこと。

 

また、このタイミングで、見た、見せられた(笑)

 

 

つい、自分が、もう出来る事って、

相手にも同じように出来る事を求めがちになるんだけど、

それって、

出来る人と、出来ない人って、やっぱりいたりするんだよね。

 

 

うちも、息子二人いるけど、

キャラ的にも正反対だし、

同じように頼んでも、

同じようには返ってこないし、

同じようには出来なかったりする。

 

当たり前っちゃあたりまえなんだけど。(笑)

 

 

自分の常識になってしまっている所って、

なかなか氣付けない。

 

なんで?( 一一;)

ってなったりする。

 

だけど、

同じ物を全ての人が同じように見れるはず、無いよね(笑)

 

相手が、同じように見れるのを待つ、というのか、

相手にとって必要であれば、その学びはその相手に訪れる事を信頼する、というのかな。

 

相手の成長を信じて、委ねる、というのかな。

 

子供であると、ついつい、レールを引きがちになってしまうんだけど。

どんな年齢の子供であれ、

自分の意志や、意見や、感覚は、持ってる。

 

表現する方法はつたないかもしれないけれども。

 

それは、

小さかろうが、

そろそろ成人であろうが、

その人自身の成長によって、道によってというのかな?違うから、

自分が来たこととおんなじ事をみんなが取れる、とは限らない。

 

 

わかりやすく言うと、

母親である自分が好きな食べ物を、

息子も同じように好きかは、わからない、という事。

 

つい、同じを求めてしまうけれども、

同じように食べる、と思って準備してしまいがちだけど、

彼にとっては、それを食べる、という事は、必要じゃないかもしれない、

いま必要としていないかもしれない。

 

必要な時が来たら、欲しいと感じる時が来たら、身体の事を考えるようになったら、

自分から手を伸ばして食べるでしょう…

 

 

という感じ、かな。

 

起こっている事は、食べ物のことじゃないけど(爆

 

 

うまく伝わったらいいなぁーと思いつつ。

 

これって大切だよな、って思ったので。

書いてます^^

 

 

精神的な方の成長って、

(まぁ身体の成長も思ってしまうけども(笑))

本当に、人それぞれで。

 

極端に言うと、

もう大人なのに、精神的には、学ぶ事が学べていなかったりして、すごーく幼かったり。

 

でも、それはその人にとって、

一番ベストで起こる、転機や刺激や、課題であり、

まわりがいちいちしてあげられることでは、無い。

 

本人が取りに行く、その意識で動くのが、

一番早い。

 

だから、まわりとしては、

その時期、その人にとってのベストタイミングを待つ。

 

指導するっていうのが逆効果になっているというのかなぁ~…

なかなか表現が難しいけども。

 

こういうのも、程度なのかもしれないね。

 

人は人、自分は自分、という意識でいつつ、

伝えたい、と思ったコトだけ伝える。

その後のその人の反応、行動、展開は、その人に任せる、

というのかな。

 

 

なかなかうまくまとめられないけど💦

 

ちょっとハッとしたので、

書き残しておきます☆

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事